お知らせ・行事など
餅つき交流会

平成301211日(火)、小松東ロータリークラブの皆様方、こばと保育園の皆様方のご協力を得て、創立以来 毎年恒例の餅つき交流会を開催しました。

 

特別養護老人ホームの食堂において餅つきが行われ、園児たちの「よいしょ、よいしょ」の大合唱に合わせ、小松東ロータリークラブの方や職員がテンポよく杵(きね)を振るいました。

 

つき上がった餅は、職員や地域の女性ボランティアの方たちが、きな粉とあんこをつけ皆さんに振る舞い、入居者様・利用者様にお召し上がりいただき、暮れから新春に向けての時節を楽しんでいただきました。

 

餅つきに先立ち園児たちは、華やかな着物やドレス姿で歌やダンスを披露。「いつまでもお元気で」と声をかけ、入居者様・利用者様と握手を交わすと、入居者様・利用者様は「かわいいね~」と、とても喜んでおられました。

 

 
 
 
 
 
 
 
【職員親睦】自生園コスモス会 年忘れパーティー2018

自生園の福利厚生の一つに、職員の親睦を深めることを目的とした“コスモス会”があります。秋桜会では、食事会や旅行、地域行事への参加など、様々なイベントを企画しています。

121日(土) 毎年恒例の“自生園コスモス会年忘れパーティー2018”をホテルサンルート小松にて開催し、職員96名が参加しました。

季節の食材を使ったコース料理に舌鼓を打ち、余興では“オールスター自生園祭2018”と題したクイズ大会やカラオケなどが行われ、会場は多いに盛り上がりました。また、素敵な衣装のお二人には、ベストドレッサー賞が贈られました。

年忘れパーティーは、各部署の職員が一堂に会するまたとない機会であり、職員たちは、それぞれ今年一年の労をねぎらい、お互いに親睦を深めました。

<参加者の声>

・たくさんの職員の方とお話しできた楽しかったです

・みんなとカラオケが歌えて楽しかったです

・自生園 年忘れパーティー サイコー!

・来年も楽しみにしています。ありがとございます

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
好楽庵 家族介護教室

平成301120日 小規模多機能型事業所“自生園 好楽庵”では、ご利用者様の家族を対象とした介護教室を開催しました。

 

ご家族様の中には、自宅で介護をされる際に「こういうときは、どうしたらいいの?」と困ることがあるそうです。

 

そこで今回の介護教室では、安全に食事をする方法として、食事の姿勢や誤嚥性肺炎の危険性、トロミの重要性などを話し合い、トロミ具合などを実際に作って体験して頂きました。また、ベッドから車椅子、車椅子からベッドへの移乗方法についても実際に体験して頂きました。

 

 参加者からは、「こんな方法があるのか!」「とても勉強になった」との声が聞かれ、参考になったようです。

 

  今後とも、分からないことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

介護教室の後は、ふれあいコンサートを行い、ご利用者様・ご家族様と一緒に演歌や童謡などを歌い、楽しいひと時を過ごしました。

 
 
 
 
 
 
 
 
民謡交流会(民謡山本会)

平成301118日(日) 民謡交流会を開催し、養護()老人ホーム、特別養護老人ホームの入居者様やご家族様 約120名が参加しました。

 

私たちの地域にも古くから伝わる民謡がたくさんあり、それらの多くは生活に根ざしていました。今でも民謡を口ずさむ入居者様もいらっしゃいます。

 

そこで今回、故郷を懐かしんで頂こうと、民謡山本会の皆様にお越しいただき、地元に伝わる民謡を披露して頂きました。

 

1部の発掘民謡では、『加賀献木木遣り』や『加賀酒造り唄』などを、第2部の地元に伝わる民謡では、『おっしょべ節』や『粟津小唄』などを、第3部の南加賀地方の民謡では、『山中節』や『金平鉱山水引き唄』が披露され、入居者様は民謡に合わせて実際に大木を曳く体験をしたり、手拍子をしたり、一緒に口ずさんだりと、それぞれ楽しみました。

 

入居者様からは、「やっぱり民謡はいいなぁ~」「懐かしいなー」「上手やった」などの声が聞かれ、昔を思い出し楽しいひと時を過ごしました。

 

 
 
 
 
 
 
 
【介護の日】こども参観日

平成301110日(土) 介護の日(1111日)にちなんで、自生園では、『こども参観日』を開催し、710名の親子が参加しました。

こども参観日は、職員のお子さんやご家族に施設に足を運んでいただき、親が日頃どんな仕事をしているか、どういうふうにして世のため 人のためになっているか、介護の魅力を知っていただこうと企画したものです。

各事業所を訪れたお子さんは、施設の中を見学したり、ご利用者様とゲームをしたり、お昼ご飯の用意を手伝ったりなど、ご利用者様と触れ合い、介護の仕事を体験しました。

「お母さんの仕事ってスゴイんだね」「介護の仕事は面白い!」などの声が聞かれ、介護の魅力を知っていただく絶好の機会となりました。

<参加者の声>

(子ども)「お母さんの仕事場に行き、初めて見学しました。介護の仕事はすごく大切なことが分かりました。大変な仕事だけど頑張って下さい。」(母親)「自分の仕事をしている姿を見せるということで、とても緊張しましたが、素敵な時間となりました。息子が大きくなっても今回の事を覚えていてくれると嬉しく思います。このような機会を提供していただき、ありがとうございました。」

(子ども)「お母さんが、いつもどんな仕事をしているのかよく分かった。自生園を見学してみて、場所によっては認知症の人や目の見えない人がいることが分かって少しびっくりした。介護の仕事はすごいと思った。」(母親)「子どもに『仕事をしてるお母さんはすごい!介護の仕事って面白い!』と言ってもらえました。子どもにも介護の仕事を少し分かってもらえて良かったと思います。」

 
 
 
 
 
 
 
 
【職員親睦】東京ディズニーリゾート

自生園の福利厚生の一つに、職員の親睦を深めることを目的とした“秋桜会”があります。秋桜会では、食事会や旅行、地域行事への参加など、様々なイベントを企画しています。

 

 平成30117日~8日にかけて、東京ディズニーリゾート旅行に職員9名が参加しました。パーク内に入ると、皆さんのテンションがMAXに。アトラクションはもちろんのこと、シンデレラ城のプロジェクションマッピングやパレード、そして最後の花火に「スゴイ!」「キレイ!」と大感激。ミッキーに抱き着いたり、グッズを身に着けたりと、皆さん子供のようにはしゃいで二日間の夢の国を楽しみました。部署を超えた交流に、みんな笑顔で親睦を深めることができ、「明日からの仕事もガンバロー」とバイタリティに溢れていました。

 

 
 
 
 
 
 
 
好楽庵 南部中学校 文化祭

平成301026日 小規模多機能型事業所“自生園 好楽庵”では、地元の南部中学校から文化祭のお誘いを頂き、ご利用者様3名が参加しました。

 

吹奏楽部の演奏で南部中学校や各小学校の校歌が流れると、それぞれ口ずさみ昔を思い出していたようです。小松大谷高校のチアリーディングでは、「うわー、すごいな!」と拍手で盛り上がり、素晴らしい演技に涙ぐみ方もいらっしゃいました。皆さん とっても楽しいひと時を過ごされたようです。

 

 
 
 
 
 
特別養護老人ホーム 紅葉狩り~皆で紅葉を見に行こう!~

平成30115日~12日 特別養護老人ホームでは、一週間かけて43名の入居者様が、今 紅葉が見ごろの那谷寺に出かけました。

本堂でお賽銭を入れて合掌してお参りし、赤や黄色に色づいた紅葉を見て回ると「わぁーキレイ!」と皆さん笑顔に。また、手入れされた苔に「みどりの絨毯みたい」「綺麗に整えられていてステキ!」などの声が聞かれました。普段なかなか外出することが難しい胃ロウの方からも「那谷寺には、もう行けないかと思って諦めていたけど、来れて嬉しかった」と嬉し涙を流され、皆さん楽しいひと時を過ごしました。

いつもとは違う、入居者様のたくさんの笑顔を見ることができ、いろんな声を聞く事ができました。そんな皆さんの笑顔や嬉しそうな姿に、職員も笑みがこぼれ喜びをかみしめていました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
好楽庵 紅葉ドライブ

平成30118日~9日にかけて、小規模多機能型事業所“自生園 好楽庵”では、今 紅葉が見ごろの那谷寺にドライブへ出かけました。

 

那谷寺の境内に入ると少しひんやりとし、秋らしいとても良いお天気のなか、美しく色づいた紅葉を見て回りました。ご利用者様からは、「素晴らしい紅葉やった~」「天気が良いし気持ち良かったわ」「久しぶりに那谷寺に来れて嬉しかった」との声が聞かれ、皆さま笑顔で楽しんでおられました。

 

 
 
 
 
 
養護(盲)老人ホーム 紅葉狩り

平成30117日(水) 養護()老人ホームでは、今 紅葉が見ごろの那谷寺に出かけました。

 

お天気に恵まれ、心地よい気温の中、那谷寺の境内に入りゆったりと紅葉を見て回りました。ご利用者様からは、「今年も来れて嬉しい!」「一番良いときに来たんじゃないか」「見えないけど、説明してもらえて楽しめた」「また来年も来れるように元気に過ごさなきゃ!」との声が聞かれ、楽しいひと時を過ごしました。

 

 
 
 
 
 
 
 
【地域交流】為楽庵・あわづの家“おはぎ交流会”

平成301025日(木) 小規模多機能事業所“為楽庵” と 通所介護事業所“あわづの家”は、合同で毎年恒例のおはぎ交流会を為楽庵で開催し、為楽庵のご利用者様、あわづの家のご利用者様、粟津小学校4年生の児童の皆さん、地域の民生児童委員やボランティアの方々が参加しました。

 

餅つきが初めての児童がほとんどで、ボランティアの方に教わりながら順番に杵をふるい、為楽庵の中では「よいしょ~、よいしょ~」の掛け声が響きました。つきあがった餅は、ご利用者様・地域の皆様と一緒にきな粉や小豆、ゴマなどをまぶし、皆さんで美味しくいただきました。

 

ご利用者様からは「昔は餅つきをようしたね~」「懐かしいね~」との声が聞かれ、孫のような子どもたちの様子に目を細めていました。また、子どもたちもおじいちゃん、おばあちゃんとの会話と楽しみ、最後に歌のプレゼントがありました。

 

世代を超えた交流で、お互いに楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

 
 
 
 
 
 
 
【地域交流】為楽庵・あわづの家“ハロウィン”

平成301013日(土) 地元 粟津温泉のイベント『あわづハロウィン』が開催され、小規模多機能事業所“為楽庵” と 通所介護事業所“あわづの家”が子どもたちの立ち寄りスポットとして参加し、地元の子どもたちが仮装をして遊びに来てくれました。

 

子どもたちやその親御さんがたくさん遊びに来てくれ、「あら~派手な~」、「かわいいねー」と子どもたちの仮装にご利用者様も目を細めていました。「トリック オア トリート」と言ってお菓子を取りにくる子どもたちに「いくつでも持ってって~」と大判振る舞いのご利用者様でした。

 

子どもたちや親御さんも“為楽庵”や“あわづの家”に興味津々。それぞれの事業所を知っていただく良いキッカケとなり、楽しく交流を深めることが出来ました。

 

 
 
 
 
 
 
【職員親睦】一山楼 食事会

自生園の福利厚生の一つに、職員の親睦を深めることを目的とした“秋桜会”があります。秋桜会では、食事会や旅行、地域行事への参加など、様々なイベントを企画しています。

 

 平成301013日、24日 会席料理『一山楼』の食事会に職員29名が参加し、松茸の土瓶蒸し、天ぷら、釜飯、デザートなどの会席料理を堪能しました。和やかな雰囲気の中、普段話すことが少ない他部署の職員ともゆっくりとお話しすることができました。会話の中から誕生日の方がいることが分かり、みんなでハッピバースデーを歌いお祝いすると、「今日、参加できて良かったー」と喜んでいました。部署を超えた交流に、みんな笑顔で親睦を深めることができました。

 

<参加者の声>

・他部署の方とはなかなか話せませんが、食事会を通じてお話しできて、とっても楽しかったです。

・美味しい料理をたくさん食べることができ、お腹いっぱい、幸せな時間を過ごせました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
好楽庵 秋の食事会

平成301015日~19日にかけて、小規模多機能型事業所“自生園 好楽庵”では、『秋の食事会』として、昼食を食べに出かけました。

 

どこのお店がいいかご利用者様と話し合うと、「なかなか食べに行けないからな~」と地域のいろんなお店の名前が出てきて、皆さんワクワクし、とっても楽しみにしていらっしゃいました。

 

道の駅こまつ木場潟や大西寿司、直又(寿司)など、皆さんのご希望のお店に食べに出かけました。「こんなに食べきれるかなぁ…」と呟いていた方も、楽しくおしゃべりしていると箸が進むようで、全て召し上がっていらっしゃいました。

 

「また、次も行きたいね」「皆で旨いもん食べると、なおさら美味しく感じる」などの声が聞かれ、楽しいひと時を過ごしました。

 

 


 


 


 


 

 

 
特養 運動会

平成301017日(水) 特別養護老人ホームでは、皆さんに身体を動かしてスポーツの秋を楽しんで頂こうと、運動会を開催しました。

 

赤、青、白、緑の4チームに分かれて、玉入れ、物送りゲーム、仮装大会、玉落としゲームなど、入居者の皆さんは真剣な様子で競技に参加し、相手チームに勝ったら手を叩いたり握手をしたりして、喜びを表していました。

 

「楽しかった、勝ちたかったなぁ」「こういうゲームもたまにはいいなぁ」などの声が聞かれ、ご利用者様、職員ともにたくさんの笑顔が見られ、楽しいひと時を過ごしました。

 
 
 
 
 
 
 
 
環境活動委員会 木場潟ウォーキング

自生園の環境活動委員会は、法人での地球温暖化など環境対策の取り組みについて、推進役となり二酸化炭素の削減の取り組みや普及啓発活動、体験活動を行っています。

 

 今回は職員への普及啓発活動として『木場潟ウォーキング』を1014日(日)に企画し、職員と家族17名が参加しました。

 

 景色を見ながらゆっくり歩いて一周する人、ジョギングする人、サイクリングする人、それぞれ思い思いに運動を楽しみました。木場潟から望む白山も絶景で、「気候が良くて気持ちいい」「みんなと運動すると楽しい」などの声が聞かれ、心地よい汗をかいてリフレッシュしました。

 

 
 
 
 
 
 
 
つどい 那谷寺ウォーキング

平成30914日~21日にかけて、デイサービス“自生園つどい”では、敬老週間として『めざせ健脚!ウォークin那谷寺』を企画し、那谷寺へ参拝に出かけました。

 

那谷寺に到着すると皆さんの表情が生き生きとし、山門から金堂華王殿までの参道を歩いて十一面千手観世音菩薩にお参りしました。清々しい空気を胸いっぱい吸って元気が出てきたのか、中には奇岩遊仙境まで歩いて見て回る方もいらっしゃいました。皆さん気分が上がったようで、おみくじをしたり、お守りを買ったり、池の鯉に話しかけたりと思い思いに那谷寺を満喫し、「観音様は、やっぱり大きいな~」「何十年ぶりに来て感動した」などの声が聞かれ、楽しいひと時を過ごしました。

 

 
 
 
 
 
 
 
つどい 保育所交流会

平成30920日 デイサービス“自生園つどい”に、粟津温泉こども園の年長組の園児7名が訪れ交流会を行いました。

 

園児による元気で迫力のある太鼓演奏に、ご利用者様から「上手いぞー、最高や!」と歓声が上がり、上手な演奏に感動し涙ぐむ方もいらっしゃいました。御礼に手作りの飛び出すカードをプレゼントすると、園児たちも大喜び。楽しく交流を深めることができました。

 

 
 
 
 
 
 
 
【職員親睦】姫路城&神戸観光ツアーと有馬温泉

自生園の福利厚生の一つに、職員の親睦を深めることを目的とした“秋桜会”があります。秋桜会では、食事会や旅行、地域行事への参加など、様々なイベントを企画しています。

 

919日~20日にかけて職員13名が、一泊二日“姫路城&神戸観光ツアーと有馬温泉”のバス旅行に参加しました。世界遺産“姫路城”を見て回り、神戸観光では、灘の酒蔵、布引ハーブ園、南京町を堪能。宿泊先は、日本三名泉のひとつ有馬温泉の老舗旅館“兵衛向陽閣”を訪れ、独特の赤茶色をした金泉を楽しみ、日頃の疲れを癒しリフレッシュすることができました。美味しい料理と和気あいあいとした雰囲気の宴会で、普段あまり接することが少ない他部署の職員ともコミュニケーションを深めることができ、楽しいひと時を過ごすことができました。

<参加者の声>

・宴会の料理が美味しく、酒を思いっきり飲めて楽しかった。

・前から行きたかったので、とっても楽しめました。いい気分転換になりました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【職員親睦】ミューレミュー 食事会

自生園の福利厚生の一つに、職員の親睦を深めることを目的とした“秋桜会”があります。秋桜会では、食事会や旅行、地域行事への参加など、様々なイベントを企画しています。

 

 平成3096日、13日 フランス料理店『ミュー レ ミュー』の食事会に職員21名が参加し、前菜、スープ、魚料理、肉料理、デザートなどディーナーコースを堪能しました。また、9月生まれの職員にバースデーサプライズがあり、「嬉しいー」と感激されていました。和やかな雰囲気の中、普段話すことが少ない他部署の職員ともゆっくりとお話しすることができ、部署を超えた交流にみんな笑顔で親睦を深めることができました。

 

<参加者の声>

・とっても美味しかった。また来年も来たい。

・みんなにお祝いして頂いて感激です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
養護 交通安全お守り寄贈

平成30919日 養護(盲)老人ホームでは、入居者の皆さんが手作りした交通安全のお守りを小松警察署に寄贈しました。

 

お守りは、入居者の皆さんが一針一針に交通安全の願いを込めて手作りし、那谷寺でお祓いしていただいたものです。小松警察署の署長さんが「毎年 楽しみにしています。障害者に優しい街になることを願っています」とお話しされました。入居者の皆さんは「緊張したけど、事故が減ると嬉しいな」と笑顔を見せていました。

 

 
 
 
 
敬老の日の集い

 平成30917日(月) 敬老の日の集いを開催し、入居者様 約80名が参加され、長寿のお祝いしました。

 

式典では、入居者様にお祝いの言葉や記念品、感謝状が贈呈されました。その後、『津軽三味線 泉原社中』による演奏会行われ、曲に合わせて手拍子や一緒に歌う姿が多く見られました。また、迫力ある演奏に「もっと聞いていたい」とアンコールで山中節も披露して頂き、楽しいひと時を過ごしました。

 

 
 
 
 
 
 
好楽庵 敬老の日の集い

平成30918日(火)小規模多機能型事業所“自生園 好楽庵”では、敬老の日の集いを行い、ご利用者様に日頃の感謝の思いをお伝えしました。

 

『体操の号令、リーダーを頑張って下さり有難うございます。常に感謝の気持ちを言葉にされるその姿は、周りのお手本となっています。ここに、ありがとうをいっぱい込めて感謝状をお送りします』など、ご利用者様に感謝状をお渡ししました。

おやつは、バイキング形式で好きなものを選んでいただき、「美味しいものを食べて、感謝状ももらえて、いい日や~」と、皆さん喜ばれていました。

 

 
 
 
 
好楽庵 島町獅子舞

平成30916日(日)小規模多機能型事業所“自生園 好楽庵”に、地元の島町の獅子舞が来てくださり、ご利用者様の目の前で獅子を舞って頂きました。

 

事前に、獅子舞が来ることを皆さんにお伝えすると、「まだか、まだか」と、とても楽しみにされていました。迫力のある獅子舞に「すごい獅子舞やったなー」「来年も見たい!それまで元気でおらんなんな~」との声が聞かれ、皆さん楽しいひと時を過しました。

 

 
 
 
 
 
つどい 敬老のお祝い(民謡)

平成30910日(月) デイサービス“自生園つどい”では、敬老のお祝いとして民謡山本会の皆様に民謡や踊りを披露して頂きました。

 

フロアには、三味線や尺八の音に合わせて澄んだ歌声が響きわたり、「見事やね~」とご利用者様はうっとりと聞き入っていました。踊りの先生が花笠音頭を踊り、次に職員が花笠を手に踊りました。他にも、山中節、ソーラン節、ドンパン節などご利用者様の拍手などで大いに盛り上がり、楽しいひと時を過ごしました。

 
 
 
 
 
 
 
養護 粋なお付き合い『いきなり!ステーキ』

平成3097日(金) 養護()老人ホームでは、イオンモール新小松にある『いきなり!ステーキ』に昼食を食べに出かけました。

 

ご利用者様からのリクエストも多く、昨年に引き続き2回目のステーキに「ビールとステーキなんて夢のよう」と生ビールをおかわりし、『ジュワー』と鉄板の上でソースをからめて300gステーキを美味しそうに頬張っていました。「ステーキおかわり出来て良かった」と600gもペロリと食べられる方もおられ、皆さん食事を楽しまれたようです。

 
 
 
 
 
 
 
【地域貢献】おっしょべ祭り