お知らせ・行事など
好楽庵 シバザクラ鑑賞

小規模多機能型事業所“好楽庵”では、毎月カラオケボランティアに来て下さる島町にお住まいの佐藤様より「自宅の庭のシバザクラが満開なので、よかったら見にいらして」とご招待していただき、早速413日と16日に、ご利用者様と一緒に鑑賞しに出かけました。

 

ご利用者様からは、「美しく咲いてるね~」「なんと、綺麗な!」「上手にしているね」などの声が聞かれ、満開のシバザクラを眺め、楽しいひと時を過ごしました。

 

佐藤様、いつもありがとうございます。

 
 
 
 
 
 
 
お花見ドライブ

各事業所では、43日~5日にかけて、木場潟公園や粟津児童公園などへお花見ドライブに行ってきました。

 

ご利用者様からは、「今が一番見頃やね、幸せ!」、「お天気もいいし、気持ちいいね」などの声が聞かれ、満面の笑みで満開の桜を眺め、楽しいひと時を過ごしました。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
辞令交付式・新任職員研修

平成3042日(月)

 新卒者1名を含め計19名の辞令交付式が行われ、その後、木崎理事長より訓示が述べられました。

 新任職員研修では、中途採用者を含め計13名の職員が「法人理念・基本方針・自生園ビジョン」や「組織構成や就業規則等の説明」などを受講し、上荒屋町・白山田町・島町・粟津町・平面町の各事業所を見学しました。また、自生園の設立母体である那谷寺さんを訪れ、那谷寺住職であり弊法人理事長でもある木崎馨山より、那谷寺の歴史や重要文化財について説明を受けました。

 

<受講者の声1>

「世のため人のため」という言葉は、自生園にぴったり当てはまっていると感じた。このような考え方は、思っていてもなかなか実現できないことが多いと思う。でも自生園なら実現できると思えた。この考えのもとで働けるのは本当に嬉しい。

 

<受講者の声2>

これまで介護職として働きながら、介護福祉士の成すべきこと、社会福祉法人のあるべき姿など漠然としたイメージはあるものの、具体的なビジョンが見えずにいました。今回の研修を通して法人として掲げる理念に心を打たれ、今後 自分が進むべき方向を照らして頂けたと思います。これからも、沢山のことを学びながら、感謝の気持ちを忘れずに日々 精進していきたいと思います。

 

 
 
 
 
 
 
 
為楽庵 ぼた餅つくり

 平成30322日(木) 小規模多機能型事業所“為楽庵”では、春のお彼岸にちなんでご利用者様と一緒に『ぼた餅』を作りました。

 

ご利用者様からは、「昔は、お彼岸におはぎを作ってよく食べたわ~」、「ところで、ぼた餅とおはぎってなんで呼び方が違うんやろ?」、「春のお彼岸に食べるのがぼた餅で、秋のお彼岸に食べるのがおはぎって聞いたことあるわー」と会話が弾みます。

 

炊いたお米を半殺しにし、キレイにあんこをつけると美味しそうなぼた餅の出来上がり。「やっぱり美味しいわ~、甘さが丁度いいね」と美味しく頂き、楽しいひと時を過ごしました。

 

 
 
 
 
 
 
 
ひな祭り

 桃の節句を迎え  各事業所では、ひな祭りのパーティーをしてお祝いしました。

 

ちらし寿司などひな祭り御膳に甘酒、ひなあられのお菓子などを美味しく頂き、お内裏様やお姫様に扮して写真撮影。「ちらし寿司 豪華やったー」「久しぶりに甘酒飲んで 美味しかった!」「子供の頃に戻って、かわいかった」などの声が聞かれ、楽しいひと時を過ごしました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
好楽庵 食事会

 平成30220日(火) 小規模多機能型事業所“好楽庵”では、昼食で手巻き寿司などを作り、美味しく頂きました。

 

午前中から、玉子・カニカマ・きゅうり・ネギトロなどの手巻き寿司の具材を準備し、いなり寿司も作ります。

 

ご利用者様は、好きな具材を酢飯にのせて海苔で“くるくる”と巻いていきます。「こんな風に寿司をつくるのも美味しいもんやね~」、「ネギトロなんて初めて食べた!うまいもんやー」、「美味しかった~、お腹いっぱいなったわー」と会話が弾み、楽しいひと時を過ごしました。

 

 
 
 
 
 
 
 
節分

 平成3022  各事業所では、節分の行事を行いました。

 

鬼に扮した職員などに「鬼はー 外」「福はー 内」と豆を投げて鬼退治。「鬼が可愛らしかった」「これで今年も元気で過ごせるわ」などの声が聞かれ、無病息災を祈り楽しいひと時を過ごしました。節分の由来をお話しすると「鬼も可哀そうに…、そんなに悪いコトしたんやなー」と笑っておいでました。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
あわづの家 節分&お楽しみクッキング

 平成3022  デイサービスセンター“あわづの家”では、季節の行事を楽しんで頂こうと、節分&お楽しみクッキングを行いました。

 

豆に見立てて新聞紙を丸め、鬼に見立てて壁絵を作成し、お面も準備します。これらは、季節の行事をより楽しんで頂こうと、少し前からご利用者様と一緒に協力し皆で作成しました。作業中は「そっちの色の方がよかったかなー」「あんた上手やね~」と会話が弾み、節分が待ち遠しくワクワクしてきます。

 

節分の当日は、赤鬼チーム・青鬼チームに分かれて、壁絵の鬼に向かって玉入れを行い、見事 青鬼チームの勝利!

 

お楽しみクッキングは、ちらし寿司で作った『手まり寿司』。ご利用者様と4種類の手まり寿司を作り、美味しくいただきました。ご利用者様からは、「華やかな感じでいいね」などの声が聞かれ、自分たちの作った料理に皆さんご満悦のようでした。

 
 
 
 
 
 
 
 
【街づくりに貢献】小学生親子との地域連絡会

南部高齢者総合相談センターでは、『住み慣れた地域で安心して暮らしていくための街づくり』を進めています。

 

 平成30126日(金) 矢田野小学校において4年生の児童と保護者の方を対象に、『矢田野校下の高齢者を知ろう』をテーマに地域連絡会を開催しました。

 

 まず、小松市や矢田野校下の人口推移、高齢化率、高齢者世帯数などの現状を説明。一人暮らしの高齢者も増えており、『新聞が溜まっていないか』、『電気がついていない』など、ちょっとした変化に対して地域全体で見守りをする必要性を話しました。次に、〇×クイズで内容を振り返ると全員正解。

 

 参加した児童からは、「小松、矢田野地区の人口を知れて良かった」、「高齢者が増えていることが分かった」、「自分もお年寄りを助けたいと思った」、「新聞が溜まっていたら、先生や家族に知らせようと思います」との声が聞かれ、真剣に話を聞いて関心が高まったようです。

 

 小学生との連絡会は初めての試みでしたが、これをキッカケに登下校や普段の生活の中で、自分たちの街を気にかけてもらえればと思います。ちょっとした『気づき』が、地域の高齢者の『安心』に繋がっていきます。

 
 
 
 
 
 
あわづの家 初詣

平成30119日(金) デイサービスセンター“あわづの家”では、那谷寺へ初詣に出かけました。

 

千手観世音菩薩に手を合わせ、「今年も健康で過ごせますように」とお祈りしました。

 

写真撮影では、元気に『ガッツポーズ』。

 

帰りの車内では「暖かい春が待ち遠しいね~」と話し合いながら、あわづの家に戻りました。

 
 
 
 
 
新年お楽しみ会

各事業所では、14日~17日にかけて新年お楽しみ会を行いました。

 

二人羽織、かるた大会、オリジナルすごろくなど趣向を凝らしたゲームや余興に大笑い。ご馳走に舌鼓を打ち、書き初め大会で新年の抱負をしたためました。

ご利用者様からは、二人羽織で「お腹を抱えて笑ったわ~」と声が聞かれ、大盛り上がり。かるた大会では「いいのに聞こえんし、取れんわ」と言いつつも、沢山のかるたを取ってご満悦の様子でした。すごろくは、地元の話題や体操を盛り込んだ内容に工夫し、すごろくの途中に歌あり、体操ありで皆さん大喜び。書初めでは「こっちの方が良かったかなー」と真剣な様子で筆を走らせ、今年も元気で過ごすことを話し合い、楽しいひと時を過ごしました。

 

デイサービスセンター つどい … かるた大会、書初め大会など

デイサービスセンター あわづの家 … 地元の話題を盛り込んだオリジナルすごろく、カラオケなど

小規模多機能事業所 為楽庵 … 書初め大会など

デイサービスセンター ひらんて … 二人羽織、皿回し芸など

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あわづの家 お楽しみクッキング

平成30117日(水) デイサービスセンター“あわづの家”では、お楽しみクッキングとして『ぜんざい』を作り、みんなで美味しく頂きました。

 

餅や白玉団子の代わりに、みんなで小麦粉の生地をちぎり、すいとんのように丸めます。「戦時中は、食べ物が無いときは、すいとんを作ってよく食べたね~」と、ご利用者様は小さいころを思い出し、昔話に花が咲きます。

 

小豆の中に入れて煮ると甘い香りが“ぷ~ん”と漂ってきます。「甘いねー、美味しいねー」と会話が弾み、みんなで美味しく頂きました。「お腹いっぱい」と、ご利用者様は何度もおかわりし、満面の笑みを見せておいでました。

 

 
 
 
 
 
【地域貢献】雪かき

112日未明から降り続く雪で、自生園の周りも歩くこともままならないほどの大雪となりました。

 

12日は、デイサービスセンターを休業とし、地域の一人暮らしのお宅が心配で、居宅の職員が手分けして雪かきに出かけました。地域の方は「気の毒な~、ありがとう」と喜んでおいでました。

 

 
 
 
 
年忘れお楽しみ会

各事業所では、1227日~29日にかけて年忘れお楽しみ会を行いました。

寄せ鍋、すき焼き丼、お好み焼きなど趣向を凝らしたご馳走にビールや甘酒で乾杯。ゲームや余興で一年の終わりを楽しく過ごしました。

ご利用者様からは、「すき焼き丼 おいしかった~」「お腹いっぱい食べたわ~」「どじょうすくい 面白かった!」「久しぶりのビールは、やっぱり美味しい!」「甘酒 うまかった!」などの声が聞かれ、楽しいひと時を過ごしました。

特別養護老人ホームでは、胃ろうで栄養を摂っている入居者様に、甘酒をガーゼに含ませ雫を数口提供すると、目に涙を浮かべながら嬉しそうに味わっていたのが印象的でした。

 

特別養護老人ホーム … 甘酒で乾杯! チーム対抗 紅白玉入れ・満水リレー合戦など

デイサービスセンター あわづの家 … すきやき丼を皆でつくり、カラオケを楽しむ

小規模多機能事業所 為楽庵 … 鍋を囲み、ドジョウすくい、二人羽織りを楽しむ

グループホーム ひらんて … 鍋やお好み焼きをつくり、ビールで乾杯

 

 
 
 
 
 
 
クリスマス

各事業所では、1219日~25日にかけてクリスマスのイベントを行いました。

職員やご利用者様がサンタやトナカイの衣装を身にまとい、雰囲気を盛り上げます。ご利用者様は、美味しい食事やデザートのケーキを堪能し、趣向を凝らした催しものを楽しみました。

「ゲーム楽しかった!」「すき焼き鍋が美味しかった」「上手く歌えたか分かりませんが、楽しかったです」「自分で盛りつけたケーキが美味しかった」などの声が聞かれ、楽しいひと時を過ごしました。

 

養護()老人ホーム … 小松東ロータリークラブの皆様によるプレゼント

特別養護老人ホーム … 紅白歌合戦~青春を歌おう~

デイサービスセンター つどい … ボランティア『ありーず』様による歌と手品のプレゼント

デイサービスセンター あわづの家 … ジングルベルに合わせてゲームを楽しむ

デイサービスセンター ひらんて … 手作りケーキの盛り付けやドリンク飲み放題が好評

小規模多機能事業所 好楽庵 … 職員サンタによるギターの弾き語りで合唱

小規模多機能事業所 為楽庵 … 手作りケーキやハンドベル、カラオケなどを楽しむ

グループホーム ひらんて … 職員によるハンドベル演奏のプレゼント

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【職員親睦】自生園コスモス会 年忘れパーティー2017

自生園の福利厚生の一つに、職員の親睦を深めることを目的とした“コスモス会”があります。秋桜会では、食事会や旅行、地域行事への参加など、様々なイベントを企画しています。

122日(土) 毎年恒例の“自生園コスモス会年忘れパーティー2017”をホテルサンルート小松にて開催し、職員95名が参加しました。

季節の食材を使ったコース料理に舌鼓を打ち、余興では“『私のペアは誰?』ことわざ早合わせ競争”や“カラオケ”などが行われ、会場は多いに盛り上がりました。

年忘れパーティーは、各部署の職員が一堂に会するまたとない機会であり、職員たちは、それぞれ今年一年の労をねぎらい、お互いに親睦を深めました。

<参加者の声>

・たくさんの職員の方とお話しできた楽しかったです

・タッチの差で景品がゲットできず、悔しいです!

・みんなとカラオケが歌えて楽しかったです

・自生園 年忘れパーティー サイコー!

・来年も楽しみにしています。ありがとございます

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
餅つき交流会

平成291212日(火)、小松東ロータリークラブの皆様方、こばと保育園の皆様方のご協力を得て、創立以来 毎年恒例の餅つき交流会を開催しました。

 

特別養護老人ホームの食堂において餅つきが行われ、園児たちの「よいしょ、よいしょ」の大合唱に合わせ、小松東ロータリークラブの方や職員がテンポよく杵(きね)を振るいました。

 

つき上がった餅は、職員や地域の女性ボランティアの方たちが、きな粉とあんこをつけ皆さんに振る舞い、入居者様・利用者様にお召し上がりいただき、暮れから新春に向けての時節を楽しんでいただきました。

 

餅つきに先立ち園児たちは、華やかな着物やドレス姿で歌やダンスを披露。「いつまでもお元気で」と声をかけ、入居者様・利用者様と握手を交わすと、入居者様・利用者様は「かわいいね~」と、とても喜んでおられました。

 

 
 
 
 
 
 
養護 粋なお付き合い『いきなり!ステーキ』

平成29121日(金) 養護()老人ホームでは、イオンモール新小松にある『いきなり!ステーキ』に昼食を食べに出かけました。

 

ご入居者様のケアの方針を話し合う中で、

① 食事の中でも良質なタンパク質は健康を維持していく上で必要なこと、

② よく噛んで食べることは認知症予防や口腔機能の維持には必要なこと、

③ 外出でリフレッシュし、ご入居者様に喜んでいただきたいこと、

などの意見が出され、ご入居者様の親睦を深める行事“粋なお付き合い”を利用して企画しました。

 

「こりゃ、うまい!」とステーキを美味しそうに頬張り、おかわりして600gも食べられる方がいらっしゃいました。これには、職員も思わずビックリ!。皆さん食事を楽しまれたようです。

 

園に戻られてからも「次もまたステーキ食べたい」との声が聞かれ、今回参加されなかった方からも「次は連れて行って欲しい」と希望が多く聞かれました。次回も楽しんでいただける企画を検討したいと思います。

 
 
 
 
 
 
 
美味しい!楽しい!バイキング

平成291120日~22日にかけて 通所介護事業所“つどい”では、昼食のメニューをバイキングとし、ご利用者の皆様にお好きな料理を召し上がっていただきました。

 

今日のメニューをターンテーブルに盛り付け、各テーブルに並べると、「おぉー!」と喜びの声が聞かれます。メニューは、かれいのから揚げ、チキンのオーブン焼き、タラの煮付け、ポークケチャップ、大豆と里芋の煮付け、松茸と小松菜の煮浸し、サラダ、スープなど盛りだくさん。「おいしいわ~、これ 好きや~」、「あんた、この豆 美味しいよ!、食べてみまっし」、「そのポテトサラダも取ってー」など、数あるメニューからお好きなものを召し上がっていただきました。

 

「盆と正月がいっぺんに来たみたい」、「お腹いっぱい」、「毎日バイキングやったらいいのにね~」、「そんなんやったら肥えて、しゃあないわー」など、美味しい料理に冗談も飛び交い、会話も弾みます。「家だと2~3品ほどしか作れないし、たくさんのおかずがあって嬉しい」などの声も聞かれ、皆様 楽しいひと時を過ごし、喜ばれていたようです。

 

毎回 好評をいただいている“美味しい!楽しい!バイキング”。次回も、どうぞお楽しみに…。

 
 
 
 
 
 
 
【職員親睦】星野リゾート温泉旅館『界 加賀』

自生園の福利厚生の一つに、職員の親睦を深めることを目的とした“秋桜会”があります。秋桜会では、食事会や旅行、地域行事への参加など、様々なイベントを企画しています。

 

1115日~16日にかけて職員8名が、星野リゾート温泉旅館『界 加賀』に宿泊し、温泉や食事を楽しみました。

 

館内のいたるところが素敵な雰囲気で皆さんウットリ。魯山人の思想が生きる季節の会席料理に舌鼓を打ち、『美人の湯』とも言われている温泉に浸かりリフレッシュ。

 

「普段なかなか行けないトコロだったので良かった」との声が聞かれ、ゆったりとした雰囲気に身を委ね、気の合う仲間とも会話が弾み、楽しいひと時を過ごしました。

 

 
 
 
 
 
 
 
【職員親睦】USJ&大阪フリー観光

自生園の福利厚生の一つに、職員の親睦を深めることを目的とした“秋桜会”があります。秋桜会では、食事会や旅行、地域行事への参加など、様々なイベントを企画しています。

 

923日~24日、111日~2日 2回に分けて職員7名が、USJと大阪フリー観光に行ってきました。平日ということもあり混雑も少なく、またエクスプレスパスも利用し、アトラクションもとってもスムーズ。思いっきり楽しむことが出来ました。

大阪フリー観光では、なんばグランド花月、道頓堀、梅田駅周辺でのショッピングなど、思い思いに大阪観光を満喫。お天気にも恵まれ、気の合う仲間との旅行を楽しみ、交流を深めました。

 

<参加者の声>

・パレードやホラーナイトのイベントを楽しめて大満足。

・アトラクション(ダイナソー)が緊急停止で宙吊りに…。逆に、いい思い出になりました。

・初めてのグランド花月、前から2番目の席で大興奮!、とっても楽しかったです。

 

 


 


 


 


 

 

 
【地域交流】好楽庵 食事会

平成291116日(木) 小規模多機能型事業所“好楽庵”では、日頃の感謝の意を込め、地域の民生委員や日頃ボランティアに来て下さる方々をお招きし、食事会を開催しました。

 

おでん、筑前煮、鶏肉のさっぱり煮、お寿司、ポテトサラダやスイーツなど、ご利用者様と一緒に数あるメニューからお好きなものを召し上がっていただきました。ご馳走を前にご利用者様からは、「どれか選べなくて全部少しずつ食べたわ」、「美味しかったー、お腹いっぱいや」との声が聞かれました。

 

地域の話題に、民生委員やボランティアの方々、ご利用者様と会話が弾み、皆さん楽しんでおいでました。

 

食事の後は、皆さんで一緒にカラオケを歌い、楽しいひと時を過ごしました。

 

 
 
 
 
 
 
 
つどい 焼き芋パーティー

平成291116日(木) 通所介護事業所“つどい”では、頂いたサツマイモで焼き芋パーティーを行い、皆さんで美味しくいただきました。

 

「新聞紙が充分に濡れてないし、もっと濡らさんなんよ」と、ご利用者様にも教わりながら、たっぷり水で濡らした新聞紙でサツマイモを包み、それをアルミホイルでぎゅっと包み下準備が完了。炭に火をおこし、炭火で焼いていきます。皆さん焼き加減が気になるようで、「まだまだやわ~」と何度も芋をひっくり返したり、炭の火加減を覗いたりと待ち遠しそうにしていました。

 

待っている間は、「昔はこんな贅沢な焼き方せんだ」、「囲炉裏にそのまま芋を投げ入れて作ったわ」、「こげたトコロを取ってよく食べたなー」との声が聞かれ、昔を思い出して会話が弾んでいました。

 

焼き上がったアツアツを、パキッと二つに割ると甘い香りが漂ってきます。「甘くておいしい」、「熱くて持てんわ~」、「キレイで甘く、いい芋やわー」と、湯気のあがっている焼き芋を美味しそうに頬張っていました。「焼き芋屋さんで買うより、ずっと美味しかった」などの声が聞かれ、楽しいひと時を過ごしました。

 
 
 
 
 
 
 
環境活動委員会 那谷寺拝観ウォーキング

自生園の環境活動委員会は、法人での地球温暖化など環境対策の取り組みについて、推進役となり二酸化炭素の削減の取り組みや普及啓発活動、体験活動を行っています。

 

 今回は職員への普及啓発活動として、1300年大祭が行われ、今 紅葉が見ごろの那谷寺を訪ね、豊かな自然や歴史に身を委ねることで、自然の大切さについて考えるキッカケとなるよう企画しました。

 

『那谷寺拝観ウォーキング』は、1111日(土)に行われ、職員11名が参加し、那谷寺住職(弊法人 理事長)や副住職(弊法人 常務理事)と一緒に境内を歩き、直々に那谷寺の歴史や自然を案内して頂きました。

 

1300年祭を記念して立柱された御柱、奇岩遊仙境、大悲閣(本殿)、三重塔、楓月橋、展望台、芭蕉句碑、庚申塚、金堂華王殿、普門閣・宝物館。さらに、特別拝観の書院、庫裏庭園、三尊石・琉美園。その一つひとつに深い歴史が刻まれており、参加者からは「地元にいながら那谷寺の知らない事がたくさんあり、住職さん、副住職さん直々にお話しを聞くことができて、とっても良かった」、「那谷寺の歴史を聞くと厳かな気持ちになり、岩や木々、一つひとつに歴史的な人物が関わっていたことを思うと、ご先祖様の力を深く感じ、思わず手を合わせて感謝しました」などの声が聞かれ、貴重な体験ができたようです。

 

 また、那谷寺の紅葉は境内のどこをとっても見応えがあり、特に展望台からの眺めは絶景で、「キレイな時期に見られて良かった」と皆さん喜んでいました。

 

 案内の最後、『人間も自然の一部』という言葉に、皆さん感銘を受けたようです。1300年続いた歴史の奇跡を肌で感じ、自然が、歴史が、人が『めぐる、つながる、続いていく』ことの大切さを考える良い機会となりました。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
好楽庵 紅葉狩り

116日(月)、7日(木) 小規模多機能型事業所“好楽庵”では、秋を楽しんで頂こうと、今 紅葉が見ごろの那谷寺へ紅葉狩りに出かけました。

 

 青空の下で見る紅葉はとても美しく、「は~すごいねぇ」、「きれいやわ~」と、うっとり見惚れていました。

 

 ご利用者様からは、「那谷寺に来られたし、キレイなもん見れたし、今日 来てよかったわ~」などの声が聞かれ、終始 笑顔で皆さん楽しまれたようです。

 

 
 
 
 
 
特別 養護老人ホーム 那谷寺ドライブ

111日(水)、10日(金) 特別養護老人ホームでは、外出の機会が少なくなる冬を前に、お出かけを楽しんで頂こうと、今 紅葉が見ごろの那谷寺までドライブに出かけました。

 

久しぶりのお出かけに、ご入居者の皆様は「この道、見覚えがある」、「懐かしいなぁ」などとバスの窓からの景色を楽しそうに眺めていました。

 

境内に入り金堂華王殿に向かうと、高さ7.8mもある十一面千手観世音菩薩を前に「こりゃすごい!!」とビックリ。観音様に手を合わせて「お参りすることができて良かった」と喜んでおいでました。お賽銭を入れたり、おみくじを引いたり、写真を撮ったりと、それぞれお参りを楽まれたようです。また、赤や黄色に色づく紅葉に「キレイや~」と、目がキラキラし笑顔が浮かんでいました。

 

 帰りの車内でも「那谷寺は何回も行ったことあるんや~」と懐かしそうに思い出され、お互い冗談も言い合いながら楽しいひと時を過ごしました。

 

 
 
 
 
 
 
好楽庵 秋の食事会

1023日~30 小規模多機能型事業所“好楽庵”では、『秋の食事会』と題し、4回に分かれて地元の飲食店にお昼ゴハンを食べに出かけました。

 

中華料理店やお寿司屋さん、道の駅に出かけ、それぞれ思い思いの食事を召し上がりました。

 

「久しぶりに餃子 食べたわ。美味しかった!」、「小鉢もお寿司も美味しかったー、お腹いっぱいや」と、普段はあまり食べられないご利用者様も笑顔でペロリと平らげ、「楽しかった、また行きたい」などの声が聞かれ、楽しいひと時を過ごしました。