自生園

安心サービス

RELIABLE SERVICE

自生園では、ご利用者様一人ひとりに応じた
安心・安全なサービスを提供しています。

ある日の献立

管理栄養士が考えた健康食です
朝食
朝食
卵とじ漬物
ごはんすりおろし蓮根の味噌汁
昼食
昼食
鯖の味噌焼香味冷奴
法蓮草のお浸し・大根おろし
ごはんふかしとみつばの清し汁
夜食
夜食
キャベツと鶏肉の洋風煮胡瓜とやわらかイカのぬた
ごはん長芋とねぎの味噌汁

個別対応食について

ご利用者様の咀嚼力・嚥下の状態に合わせ、6段階に分けて食事を提供しています。

 

できるだけ「口から食べていただく」ことを目標とし、ご利用者様の咀嚼力・嚥下の状態に合わせ、普通食・きざみ食・粗極きざみ食・極きざみ食・ミキサー食・流動食の6段階に分けて食事を提供しています。

 

極きざみ食、ミキサー食の方は咀嚼力・嚥下に問題がある方が多いため、食べやすいようゼリー状やムース状に工夫した食事(ソフト食)を提供しています。ソフト食でも食欲がでるように見た目や味付けの工夫に努めています。

療養食について

病気により食事コントロールが必要な方には、医師からの食事せんや管理栄養士による栄養アセスメントに基づいて献立を作成し食事を提供して、ご利用者様一人ひとりの健康状態の維持・増進に努めています。

 

療養食は現在7種類提供しています。

(糖尿食、腎臓食、減塩食、高脂血症食、膵臓食、肝臓食、潰瘍食)

 

ご利用者様のニーズにあった食事サービスのご提供

食事時間には調理員が食堂に行き献立説明を行いながら、ご利用者様の様子を伺ったり、食事摂取量の確認をしています。ご利用者様との会話を通じて、嗜好や要望をお伺いし、日々の献立に役立てています。

 

ご利用者様の中には「食べ物を残す」という事に抵抗を持たれる方もいらっしゃいますが、摂取量の少ない方には、器も小さくし量も少な目で提供しています。ご利用者様からは残さず全部食べられるようになったと大変喜ばれています。

行事食について

毎月、誕生会の他に四季折々の行事に合わせた食事を提供しています。

  • 1月 お正月(おせち料理)鏡開き
  • 2月 節分
  • 3月 ひなまつり
  • 4月 お花見
  • 5月 端午の節句
  • 7月 七夕・夕涼み会
  • 9月 敬老会
  • 11月 紅葉狩り
  • 12月 餅つき・クリスマス etc…
食事ができるまで

1

1

献立は管理栄養士が
作成しています。

2

毎日新鮮な食材を地元の
業者さんから仕入れています。
仕入れた食材はその場で管理
栄養士が確認しています。

2

3

3

34

4

ご利用者様一人ひとりのお膳に配ります。目が不自由な方もいらっしゃいますので、ご飯、味噌汁、おかず、お茶などは決められた位置に配ります。

5

5出来上がり

那谷寺ブログ:長靴を履いた坊主みんなの介護